ホーム » 施設案内 » 都農工場

施設案内

都農工場

都農工場全景

沿革

県が策定した第二次振興長期計画の推進とカーフェリー就航により、産地と消費地を結ぶ流通体系が整備されたことにより、食肉の産地処理施設の整備が必要となり、国、県の出資に系統農業団体、市町村の出資を一部加え、県が主体的に経営する産地処理施設が建設されることになった。

会社の設立 昭和46年1月8日 株式会社宮崎県畜産公社として発足
操業開始 昭和47年10月2日
工場施設の概要
工場の所在地 宮崎県児湯郡都農町大字川北15530番地
施設の概要 敷地面積92,418平方メートル
工場棟6,209平方メートル
管理棟366平方メートル
厚生棟588平方メートル
施設能力 と殺解体能力/豚820頭/日 牛60頭/日
部分肉製造能力/豚750頭/日 牛40頭/日
枝肉冷蔵庫/豚1,400頭/日 牛280頭/日
冷蔵保管庫/85トン(牛豚部分肉)
冷凍保管庫/70トン(牛豚部分肉)
急速冷凍庫/40トン(牛豚部分肉)
汚水処理能力/1,600トン/日
牛枝肉保管庫/135頭
昭和56年8月1日 株式会社宮崎くみあい食肉と合併、都農工場となる
平成13年4月1日 社名を改め株式会社ミヤチク 都農工場となる
処理解体室(牛) 牛カット 枝肉冷蔵室(牛)
処理解体室(牛) 牛カット 枝肉冷蔵室(牛)
     
処理解体室(豚) 豚カット 枝肉冷蔵室(豚)
処理解体室(豚) 豚カット 枝肉冷蔵室(豚)
施設案内
工場
高崎工場
都農工場
加工施設
生産農場
直売店

レストランサイト